07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

真夏のオリオン 

映画「真夏のオリオン」を見てきました。

今度は旦那の見たい映画を見る番でしたので、それにお付き合い。
今回は「真夏のオリオン」をみたいとのこと。

最初に私が思ったこと・・・「また戦争ものですかぁ・・・」


以前に旦那セレクトで見た戦争もので「硫黄島からの手紙」「私は貝になりたい」・・・これ見た日の晩、悪夢でうなされました。
硫黄島は映像が強烈すぎて、貝になりたいはあまりにも悲劇すぎて・・・


SFとかホラーとか作り物だと分かっている強烈シーンはいいんだけど、現実にあったであろうことを映像にされるとキツイです。戦争ものは、そういう点でちょっぴり拒否反応。

今回もまた夜にうなされる映画じゃなければいいけど・・・と不安いっぱい。
しかもこの映画に関しては何の前知識も情報も持っていなかっただけに余計でした。私がブーブーと拒否反応を示して「1人で行っていいよ」というのを「女性にも評判のいい映画らしいから見ようよ」としつこく説得をするので折れ、渋々見に行く事にしました。


しかし!見てみるとこれがすっごい良かった!

私が苦手なグロいとかエグいシーンはなかったし、何よりもところどころに織り交ぜられる回想シーンは、情感がこもっていてジーンとする。


とりあえず公式サイトと予告編の動画貼っておきますね!

「真夏のオリオン」公式サイト





さて、ここから「みゆちゃんの映画斬りコーナー」です!

できるだけ核心には触れないように書くつもりですが、そもそもネタバレ無しレビュー苦手なので、ちょいバレですが、許してね。ちょいバレも嫌な人はここで記事を閉じてね。


簡単なあらすじ

「真夏のオリオン」という楽譜をあるアメリカの駆逐艦艦長が終戦後、死ぬまでずっと大切に持っていた。の楽譜は日本人の女性が書いたものであったのだが、なぜそれをそのアメリカの艦長が持っていたのか。当時の関係者である1人の老人がその経緯を語るところから回想という形で物語は始まる。

終戦2週間前、日本の潜水艦「イ-77」とアメリカ駆逐艦との攻防戦。

この攻防戦がこれまたムチャクチャかっこいいのだ。

潜水艦艦長の倉本艦長も駆逐艦艦長スチュワートも男だね!

お互いの戦略を裏の裏をかいて読み合うところもすごいけれど、その裏の読み合いの根底にあるのは、ある種の相手への敬意や信頼みたいなものが感じられる。うーん、上手く表現できないけどね^^;

物資が豊富なアメリカ軍、かたや魚雷なども全てギリギリ。しかも他の4隻の日本の潜水艦は全てやられ、このイ-77が最後の潜水艦。このイ-77潜水艦は過去米軍の船13隻も沈めてきた戦歴を持つツワモノだから相手の駆逐艦艦長だって決して侮ってはおらず、全力で対抗しているのだけど、それでもその倉本艦長の戦略に舌を巻く。


この倉本艦長、すごすぎるよ。

常に死と隣り合わせの状況。一瞬の判断ミスが乗員全員の命取りになる。
次々に命がけの決断を迫られる状況の中で的確に指示を出し、しかも人への配慮がなされている。

そしてその艦長の命令を忠実に絶対の信頼をおいて実行する乗員もすごい!


この倉本艦長は戦術が長けているだけでなく、人間性が素晴らしい。
だからこそ、乗員からの絶対の信頼を集めているのだと思う。

人間魚雷の「回天」の乗員に言った言葉が忘れられない。
「もったいないだろ」
そう言って笑顔で言う倉本艦長にグッときちゃった。


これ以上言うと、肝心なところをネタバレしそうなので止めておきます。

とにかく最後の最後までドキドキ、ハラハラ。そしてラストは感動。

あ、肝心の「真夏のオリオン」の楽譜についてですが、これに関して語ると完全にネタバレになるので言うのは我慢します。本当はこれについて一番熱く語りたいところなのですがね^^だって、この楽譜が一番の要なんですからね。

久々に私のツボに入った映画でした。大満足です。

しつこく一緒に見ようと説得した旦那に感謝^^ 
たまにはいい映画選ぶねw (^_^)ヾ(^^ )ヨシヨシ

スポンサーサイト

カテゴリ: 映画・ドラマ・音楽

tb: 0   cm: 8

« デモンズソウル プレイ日誌48  |  デモンズソウル プレイ日誌47 »

コメント

1. 無題

ちょー見たい

ヽ(゜▽、゜)ノ

夫婦で映画いいなぁ~

( ´艸`)

とんび #79D/WHSg | URL
2009/06/28 17:45 * edit *

2. こんばんわ!

私は戦争ものあまり観ないんですよね!
ストーリーが重かったりして疲れるので・・・
グロやえぐいのも無理です\(^o^)/
私の場合は、作りものだと分かっている、SFやホラーも無理ですし、
アクション映画などで、音が急に大きくなるのも無理ですw

ですが、「真夏のオリオン」もしかしたら観に行くかもしれないんですよねw
おもしろかったようで!

またしても「みゆちゃんの映画斬りコーナー」を読む事ができず残念ですw
次は、私が観ないホラー映画などを斬ってほしいですw

タカモ #79D/WHSg | URL
2009/06/28 18:30 * edit *

3. >とんびさん

この映画、男性も女性もきっと楽しめると思います!
これは良かった♪超お勧めです!!
夫婦で映画は良くいきますよ。しゃべらなくていいから楽でいいです(って、おいw)

みゆ #79D/WHSg | URL
2009/06/29 02:42 * edit *

4. >タカモさん

私も戦争モノは旦那さえいなければ映画館へ言ってまでも見ないと思います。だって本当に夢にでそうな内容が多くて^^; 蛍の墓さえ辛くて夢にでましたよ。
タカモさんはSF系でもグロいの苦手なんですね~。なんて繊細なw 私も苦手だけど「これは作りものだ」をどこかで割り切れるから何とか見れます。

映画斬りコーナー・・・なかなか読んでもらえなくて残念です。今度は見てもらえるようホラーものでも・・・ホラーは旦那が好きなので見るかもしれません。

みゆ #79D/WHSg | URL
2009/06/29 02:48 * edit *

5. 無題

潜水艦乗りで生き残った方々は、最初はいやだったが潜水艦に配属されて良かったと思う人が多いらしいですね。
艦長以下、えらそうにしてる人が少なく、家族同然だったとか・・・
生き残れた方は非常に少ないのですが、潜水艦乗りにスポットが当たったこの映画、必ず見たいと思います。

かえる52番 #79D/WHSg | URL
2009/06/29 05:03 * edit *

6. >かえる52番さん

潜水艦って乗ったことないけれど、映画とかでよく見るとこれって一歩間違えたら絶体絶命というか、潜水している状態だったら間違いなく絶命ですよね。船の中のみの限られた空間。この中で培われる信頼や絆って家族以上に強固になるのではないかと思います。この映画でもかえる52番さんがおっしゃる通り、倉本艦長もそうだけどみんないい人ばかりで見てきて気持ちよかったです。かえる52番さんも見る予定なんですね^^見たら是非レビューしてください^^

みゆ #79D/WHSg | URL
2009/06/30 01:05 * edit *

7. 無題

「みゆちゃんの映画斬り」がコーナー化されてるww
誰だそんなコーナーの名前にしたのは…

この映画は評判いいみたいですねぇ。
楽しまれてきたようでよかったよかった♪
潜水艦っていうのは未知の魅力があって、
惹きつけられます!!

FARFA #79D/WHSg | URL
2009/06/30 01:34 * edit *

8. >FARFAさん

素晴らしいコーナー名をつけていただいて、名づけ親の方には、感謝しております!^^

この映画の前評判とか全然知らずに見に行きましたので、見てみてすっごく得した気分になりましたよ。映画見てもブログに書かないことが多いのですが(レビューとか感想文苦手なのでw)、良かったと思ったら絶対書きます。
潜水艦の映画って確かに引き付けられる魅力があるのが多いですよね。いくつか見た中でもこれは抜群にいいと思いました♪

みゆ #79D/WHSg | URL
2009/06/30 01:40 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gamerofinisie.blog.fc2.com/tb.php/430-65cfd8c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)